メディアのプランニングを担当するメディアプランナーへの転職を考えている方もいらっしゃるかもしれません。

メディアプランナーへ転職する際の志望動機は重要です。

採用担当者に良い印象を持ってもらえるような志望動機が必要になります。

適性や注意点を知っていれば適切な志望動機を作ることもできるでしょう。

この記事ではメディアプランナーの志望動機の作り方を解説します。

求められている適性や内定率を上げる例文・注意点も紹介しますので参考にしてください。

メディアプランナーの志望動機の作り方を解説

男性

志望動機は、応募する企業を希望したきっかけや企業のどんな点に惹かれたかを伝えるものです。

その企業でなくてはならない理由として考えるのが良いでしょう。

他の企業でも通じるような志望動機では、あまり良い印象を与えることができないといえます。

業界に興味を持った理由や業種を選んだ理由・そしてその企業を選んだ理由を考えてみてください。

具体的な自分なりのエピソードを沿えることによって、志望動機がより明確になります。

また転職後その企業でやりたいことも加えると企業に関心があるアピールになりますので、おすすめです。

 

マーケティング戦略の事例はこちら

 

広告業界の特徴

コンテンツ

志望動機を考える際に「なぜこの業界に注目したのか」という点は重要です。

数ある業界の中から広告業界を選んだ理由を考えるためにも、広告業界の特徴はおさえておきましょう。

業界を希望したきっかけを明確にするためにも、業界の研究は必要です。

この業界でなければいけなかった理由まで明確にできると理想的でしょう。

業界の動向や広告代理店の形態を紹介しますので参考にしてください。

業界の動向

世界

広告業界は日々変化し続けています。

  • インターネット広告
  • 動画広告
  • アドテクノロジー

このようなコンテンツが急速に広がっていくことにより、マーケティング手法も幅広くなりました。

Webサイト上に表示されるバナー広告や検索結果に連動しているリスティング広告の市場は拡大しています。

You Tubeに差し込まれる動画広告などを目にする機会も増えました。

消費者のパソコンやスマホ使用時間が増えたため、新聞やテレビ広告からシフトする企業も増加傾向にあります。

広告代理店には形態がある

チラシ

取り扱う媒体の違い業務形態から、広告代理店は以下のように分類されます。

  • 総合広告代理店
  • 専門広告代理店
  • インターネット広告代理店

新聞・テレビや雑誌を中心に様々な広告媒体を取り扱うのが総合広告代理店です。

複数の広告媒体を連動させることも可能になります。

特定の媒体に特化した広告を取り扱うのが専門広告代理店です。その分野に特化したノウハウがあるのが強みになるでしょう。

専門広告代理店の中でもインターネット広告に特化した代理店をインターネット広告代理店と呼ぶこともあります。

メディアプランナーの業務内容

男性

志望動機を作成する際には、どのようなスキルが必要かを知っておく必要があります。

自分のスキルの中から企業が求めているスキルをアピールできると良いでしょう。

そのためには、メディアプランナーの業務内容を理解しておいてください。

そうすることで必要なスキルや能力が見えてきます。

プランニング

男性

メディアプランナーが行うプランニングは、メディアを使ったPRを企画することです。

どのような媒体でどのようにPRしていくかを考えます。

プランニングを行うことにより、企業が抱える悩みを解決していくのが主な目的です。

企業が抱える問題を見抜き解決できるような企画を行うため、メディアの知識や役割の理解などが求められるでしょう。

クライアントのニーズに応えるために、どのような媒体で広告を行うか・予算配分をどうするかなどを提案します。

制作進行管理

スケジュール

どのような広告戦略をするかを考えた後、実際の広告の制作進行管理を行うこともあります。

クライアントとの打ち合わせやデザイナーとの打ち合わせ・進行管理など幅広い業務を行うこともあるでしょう。

メディアプランナーの業務に関しては企業ごとに異なることも多いため、転職する際は企業情報収集もしておきましょう。

 

ワンポイント
メディアプランナーの業務内容はメディアを使ったPRの企画や進行管理。

志望動機を作る前にやっておくべきこと

メモ

志望動機を作成する前には、いくつかやっておいたほうが良いことがあります。

採用担当者が求めているのは採用後も活躍してくれる人材です。

そのため採用後自分がどのように活躍できるかをアピールできればよいでしょう。

良い印象を与える志望動機は、このようなアピールポイントが明確に伝わってくるものです。

明確にアピールするためにまずは自分のスキルや能力をチェックします。自己分析を行うと良いでしょう。

その後、入社後のビジョンを明確にして、その企業を選んだ理由を考えましょう。

入社後のビジョンをはっきりさせる

男性

入社後のビジョンをはっきりさせておけば、志望動機にも反映できます。

入社したら何をしたいのか・どのように活躍できるかを考えてください。

自分なりの具体的な言葉で考えましょう。その企業でしか実現できない目標であればなお良いです。

具体的な内容を提示できれば、採用担当者も具体的にイメージすることができます。

入社後のビジョンを明確に伝えることで採用担当者にやる気をアピールできるでしょう。

その企業を選んだ理由を考える

面接

志望動機では「なぜその企業なのか」を伝えることも重要です。

多くの企業の中からその企業を選んだ理由を具体的なエピソードと共に考える必要があります。

自分だけのエピソードを語ることで「本当に入社したい」という気持ちが伝わるのです。

他の企業でも通用するような理由は薄っぺらな印象を与えてしまいますので注意しましょう。

 

ワンポイント
志望動機を作る前にやっておくべきこと
・どのように活躍できるか将来のビジョンを考える
・なぜその企業なのかを考える

 

マーケティング戦略の事例はこちら

 

メディアプランナーの志望動機の書き方

パソコン

メディアプランナーの志望動機を書く際には、以下のようなことに注意してください。

  • なぜ広告業界なのか
  • なぜメディアプランナーなのか
  • なぜその企業なのか

広告業界に興味を持ったきっかけなどは具体的なエピソードとともに書きましょう。

営業やデザイナーではなく、なぜメディアプランナーなのかを伝えることも大切です。

また数多くある企業からその企業を選んだ理由も明確にしておきましょう。

入社する目的と将来性を明確に

相談

広告業界の中でもメディアプランナーを選んだ理由・その企業を選んだ理由を明確にすれば入社する目的も考えられます。

その企業で何を達成したいのかも文章に落とし込むことができるでしょう。

将来について考えるときは、どんな広告に関わりたいかをあわせて考えてみるのも手です。

テレビ媒体を主にした企業であるなら「テレビのどのようなCMに関わりたいか」を述べることができます。

メディアプランナーに求められる人材を考えながら志望動機を考えてみてください。

メディアプランナーとして活かせるスキルを明確に

メディアプランナーとしてどのようなスキルが活かせるかも考えてください。

事前に自己分析をしておくのも良いでしょう。

経歴や問題解決方法などを書き出すことで自分のスキルを見つけます。

自分の持つスキルの中で、メディアプランナーに活かせるものを事前に選んでおきましょう。

メディアプランナーに求められる適性を考えて選んでみてください。

 

ワンポイント
メディアプランナーの志望動機は目的や将来性を具体的に書く。

メディアプランナーに求められる適性は?

チラシ

メディアプランナーに求められる適性を知っていれば、どのようなスキルをアピールすれば良いのかが分かります。

自分のスキルや能力の中から、企業が求めているものをアピールしていきましょう。

論理的思考力や分析力

グラフ

メディアプランナーは広告の配信を数値化してマーケティングするため、理論的思考力分析力が必要です。

特にインターネット広告では広告の配信数や閲覧数はすぐに数値化されます。

数字をベースにした分析能力があればすぐに戦略を練り直すことも可能です。

最新のテクノロジーや広告技術に対応できるような理論的思考力も必要になるでしょう。

コミュニケーションスキル

社内

広告制作は様々な人と協力していく業務です。

クライアントとの話し合いはもちろんのこと、社内の様々な部署と連携を取る必要があるでしょう。

そのためメディアプランナーにはコミュニケーションスキルも必要になります。

クライアントの問題点を見抜いたりメディア側と交渉したりする時も、コミュニケーションが重要なポイントになるでしょう。

広告業界への興味や理解

広告業界には流行トレンドを感じる力も必要です。

多くの世代が必要としている広告やその知識・何が流行っているのかを理解することがポイントになるでしょう。

広告業界への興味があると、新しいものを取り入れていく気持ちも出てきます。

 

ワンポイント
メディアプランナーに求められる適性
・数値分析のための論理的思考力や分析力
・連携や協力のためのコミュニケーションスキル
・広告業界への興味や理解

メディアプランナーの志望動機の例文をチェック

紹介

メディアプランナーの志望動機の例文を紹介します。

志望動機を書く注意点を踏まえて、どのような例文が良い印象を与えることができるのか見てみましょう。

例文:なぜその企業なのかを明確にする

男性

「私は前職で○○業界の営業職を勤めていました。

お客様のニーズを汲み取りながら、問題解決ができるような商品提案を行うことを心がけています。

お客様の問題点を解決できたときに、やりがいを感じていました。

業務をする中で、貴社のようなインターネット広告代理店にて、お客様の問題点をより的確に解決したいと思い志望します。

特に貴社の動画広告の展開の方法と新しい取り組みに可能性を感じ、貴社でお客様のニーズに答えていきたいと思いました」

なぜ広告業界なのか・なぜその企業なのかを明確にしています。

将来性を伝え、やる気もアピールできているでしょう。

例文:具体的なエピソードを伝える

「私は人の心を大きく揺さぶる広告をいくつも作成している貴社に強く共感しています。

テレビCMとインターネット広告を連動させた企画が特に素晴らしく、ぜひ一緒に仕事をしたいと考えました。

普段インターネットに興味のない母が、インターネット広告も見てみたいと言ったのが強く心に残っています。

このような人の心を大きく動かす広告を作りたいと思いました。

前職のWebプロデューサーの経験を活かし、インターネット展開の手助けをしたいと考えます」

具体的なエピソードを添えることで、理由を明確にしています。

志望動機を作る時の注意点

男性

志望動機を作る際の注意点を紹介します。志望動機を作る際にはできるだけ具体的に記述しましょう。

他の企業にも提出できるような志望動機は、採用担当者の心をつかむことはできません。

「貴社の理念に感銘を受けました」というだけでは、曖昧な印象しか与えることはできないでしょう。

「どんな経験があるから感銘を受けた」「どんな経験からそう思うのか」というふうに具体的に説明してください。

そのためには企業がなぜ志望動機を知りたいのか・どのような人材がほしいのかを知っておきましょう。

企業はなぜ志望動機を知りたいのか

ポイント

企業は採用後も活躍してくれる人材を求めています。また、長く勤めてくれる人が良いと考えているでしょう。

そのためには志望動機からやる気や採用後も活躍するつもりがあるのかどうかを読み取るのです。

やる気をアピールすることで、採用後もその企業で働くつもりがあるという意思を伝えることができます。

自己PRと混同しないように

自己PRは自分を採用することで企業が得られるメリットを伝えるものです。

自分にはどんなスキルや能力があるのかを記載します。

応募する企業で働きたいという意思を伝える点では同じですが、質問の意図が異なりますので注意してください。

志望動機は入社したい理由を伝えます。

自己PRは自分を採用することで企業が得られるメリットを説明するのです。

 

マーケティング戦略の事例はこちら

 

メディアプランナーの志望動機作りでつまづいた時は

社内

メディアプランナーの志望動機作りで困ったことがあればデジマクラスにご相談ください。

困りごとや不安を一人で抱え込んでいても解決は難しいでしょう。

デジマクラスからのアドバイスを元に、より相手に伝わる志望動機を作成してください。

良い志望動機を作るためには客観的に判断できる視点も必要です。

デジマクラスが志望動機を客観的に見るお手伝いをします。

適切なアドバイスをもとにすると、自分の魅力をアピールできる志望動機になるでしょう。

採用担当者に良い印象を与える志望動機を作成して、転職を成功させてください。

まとめ

ポイント

メディアプランナーに求められている適性は、メディアへの理解コミュニケーションスキルでした。

数値化されたデータを分析するために理論的な思考力があればなお良いでしょう。

どのようなスキルや能力が求められているかが分かれば、明確な理由のある志望動機を作ることが可能です。

企業の求める人物像を考えてから志望動機を作成しましょう。

もし志望動機作りに不安があればデジマクラスにご相談ください。

的確なアドバイスを参考にして、採用担当者に良い印象を与える志望動機を作成しましょう。