幅広い業務を行うWebマーケターですが未経験から転職することも可能です。

しかし、未経験から転職を考える人の多くはどうすればいいか分からず迷ってしまいます。

今回はそんな人のためにWebマーケターに未経験で転職する方法を解説していきます。

未経験だからこそのメリットや注意点もありますのでよくチェックしみてください。

また、求人例とポイントも紹介していくので自分に当てはまるものを探していきましょう。

Webマーケターに未経験で転職する方法を解説

解説

未経験からWebマーケターに転職したいけど、実現可能なのか分からず不安な気持ちを抱えている人は多いです。

また、実際に転職している人がいると分かってもどのような行動を取るべきか迷ってしまうことでしょう。

では、Webマーケターに未経験で転職する方法を詳しく解説していきます。

未経験からの転職を目指す人はぜひチェックしてみてください。

 

Webマーケティングの事例はこちら

 

未経験求人からWebマーケターの仕事内容をチェック

OKをする女性

まず、Webマーケターの未経験求人から仕事内容をチェックしていきましょう。

Webマーケターの基本的な仕事内容はWebサイトのユーザーの流入経路、離脱率、回遊率などをデータ分析し検証、改善を行うことです。

この行為によってWebサイトの登録者や閲覧数を増やすことができます。

未経験者が最初から全ての仕事を行うことは難しく、初心者でもできる仕事から任せることが多いです。

では、実際の未経験求人をチェックしていきましょう。

Excelが使えればOKの未経験求人

こちらの求人はExcelが使えればOKとなっています。仕事内容はWeb広告の運用、オフライン広告の企画・運営などです。

仕事内容は幅広いですが、企業が未経験者を受け入れる体制を整えています。

ExcelやWordに関する知識はネット業界で働くなら必要不可欠です。

会社の受け入れ態勢が整っているからこそ、未経験者を受け入れることが可能となります。

美容・不動産の経験がある人歓迎の未経験求人

女性

こちらの求人は美容・不動産の分野で事業展開を行っている企業が出しています。主な仕事内容は以下の通りです。

  • SEOマーケティング
  • PPC広告・SNS広告・YouTube広告
  • インフルエンサーマーケティング
  • サイトディレクション
  • LPO
  • セールスライティング

美容・不動産業界に関わりのある人であれば知識を役立てることができるため、未経験でも応募することができます。

また、業務内容のいずれかの経験がある人も即戦力となるため企業から評価されることでしょう。

熱意さえあればOKの未経験求人

こちらの求人では特別なスキルは求められていません。必要なのは熱意だけです。

業務内容は店舗運営・事業戦略の構築・市場リサーチ・集客対策となっています。

今までの経験やスキルよりも新しいひらめきを重視しているのが特徴です。

新人を教育できる体制が整っているため未経験者を積極的に受け入れています。

 

ワンポイント
Webマーケターの仕事内容は企業や業種によって異なるため、求人をよくチェックしよう。

未経験者が転職する際に意識すべきこと

仕事をする女性

未経験者が転職する際に意識しなければならないのは転職理由と志望動機です。

採用側はなぜ未経験からこの業界を目指したのかが気になります。

また、採用者は転職理由を聞くことによって入社後すぐに退職しないかを見極めるのです。

なぜ自分がマーケターになりたいと思ったのか。なぜこの業種を選んだのかを明確に応えられるようにしておきましょう。

 

ワンポイント
未経験からWebマーケターへの転職は転職理由と志望動機を重視しよう。

未経験からWebマーケターに転職するために必要なこと

女性

Webマーケターは未経験から転職することが可能です。しかし、何のスキルもなくやる気もない人を雇う企業はありません。

経験者がライバルとなると未経験者は不利になってしまうことが多いでしょう。

そのため、未経験からWebマーケターに転職する際に気をつけていただきたいことがあります。

では、未経験から転職するために必要なことを2つ紹介していくのでチェックしてみてください。

Web関連職種の経験

まず、Web関連の経験がある人はWebマーケティングが未経験であっても採用されることが多いです。

Webマーケターの仕事はWeb関連の職種の仕事内容と被る部分があります。

また、業界用語などもWeb関連の仕事をしたことがあれば知っていることでしょう。

Web業界が全くの未経験でなければ前職での経験を役立てることができます。Web関連職種の経験がある場合はプラス要素となるでしょう。

サイト運営経験

仕事をする女性

Web関連の職種の中でもサイト運営経験のある人は採用率がアップすることが多いです。

サイトを運営する際は閲覧する人のニーズを知るために分析を行います。

サイト運営で行っている業務はWebマーケターの業務と重なる部分が多く、Webマーケターが未経験であっても即戦力となるのです。

キャリアパスとしてサイト運営の仕事を経験してからWebマーケターになる方法もあるため、視野にいれていきましょう。

 

ワンポイント
Web関連の知識やサイト運営の経験はWebマーケターの転職に役立つ。

未経験からのアピールポイント

虫眼鏡

未経験者の多くはアピールポイントで悩んでしまいます。

経験者であれば前職での実績などをアピールすればいいのですが、未経験の場合はそれがありません。

前職の業種が違うことで何をアピールするべきか迷うこともあるのです。

ここでは、そんな人のために未経験からのアピールポイントを紹介していきます。

アピールポイントをしっかりと抑えてWebマーケターへの転職を成功させましょう。

スキルがあることを伝えよう

Webマーケターの業務は幅広く現在持っているスキルが何かしら関連していることがほとんどです。

また、Webマーケターを募集している企業の業種も様々ですので、業種に関連するスキルをアピールすることもできます。

職種・業種のどちらかに関連するスキルがあることを積極的にアピールしていきましょう。

関連があることによって有力な人材であることをアピールするができます。

サイト運営できることを伝えよう

面接

サイト運営の知識を持っている人は必ず、サイト運営ができることを伝えていきましょう。サイト運営には多くの知識が必要とされています。

そして、その業務内容はWebマーケターの業務内容と被る部分が多く重宝されます。

サイト運営ができればWebマーケターの仕事もすぐに覚えられるため、サイト運営ができる人を求める企業は多いのです。

求人にサイト運営ができる人歓迎といった文言がなくても伝えるようにしましょう。

 

Webマーケティングの事例はこちら

 

Webマーケターに向いている人の特徴

笑顔の女性

Webマーケターへの転職を目指す人が不安になるのが、自分がWebマーケターに向いているかという部分です。

ここからは、Webマーケターに向いている人の特徴について紹介していきます。

仕事には向き不向きがあるためできるだけ自分に合った職を見つけることが大切です。自分に当てはめながら特徴をチェックしていきましょう。

根気強い作業ができる

Webマーケターの仕事の1つである施策は検証と改善の繰り返しです。1回の施策で成果を出すことは一流のマーケターでも難しいでしょう。

マーケターとして活動する人のほとんどは、検証と改善を繰り返しています。

そのため、根気強い作業ができる人はWebマーケターに向いているといえます。

理系出身など同じ作業の繰り返しを過去に経験している人は有利になるでしょう。

情報収集力・分析力がある

チェック

情報収集力や分析力がある人もWebマーケターに向いています。Webマーケティングを行う上で重要になってくるのが情報収集です。

できるだけ多くの情報を集め、それを適切に分析していくことが求められます。

情報感度が高かったりと流行に敏感なタイプの人はWebマーケターとして活躍することができるでしょう。

幅広い業務に対応できる

幅広い業務に対応できることもWebマーケターに求められます。Webマーケターの仕事は1つではありません。

多くの業務を同時進行で行うこともあるため、幅広い業務に対応できる能力が必要となるのです。

1つの仕事しかできないタイプの人はWebマーケターに向いていません。

そして、視野を広く持ち同時に複数の業務をこなしたことのある人は、Webマーケターに向いています。

未経験歓迎のWebマーケティング求人例

ポイント

自分がWebマーケターに向いているかどうか確認できたでしょうか。

ここからは、未経験歓迎のWebマーケター求人の例を紹介していきます。

未経験といっても持っているスキルや経験は異なることでしょう。ここでは3つのタイプに分けて求人を紹介していきます。

応募するときの注意点やアピールポイントも一緒に紹介していくので是非チェックしてみてください。

自社広告メインのWebマーケテイング担当者募集

自社広告の制作・運用の業務がメインとなる仕事です。

オンライン上で自社の主力商品に興味を持ってもらえるような広告を作ることが目的となります。

Webマーケティングが未経験であっても目標に向かって努力できる人であれば大歓迎です。

案件ごとでチームを作成して業務を行うため、未経験者をフォローできる体制が整っています。

こちらの求人は未経験者を受け入れる体制ができているため、安心して仕事を行うことができます。

スキルよりもやる気を重視する傾向にあるため、業種に興味があることや仕事に対するやる気をアピールしていきましょう。

動画広告のWebマーケター募集

会議

動画広告の作成・運用が主な仕事です。Webマーケティングの経験がなくても、動画作成やプレゼンが得意な人は大歓迎です。

学歴や経験よりも報連相がきちんとできる方、向上心をもって取り組める方を募集しています。

こちらの企業は動画制作に関する知識を持っている方を求めています。動画に関する知識を持った人であれば未経験でも問題ないでしょう。

また、動画広告を見たことがある人は多いと思います。自信の経験を混ぜながら志望動機を作成するといいでしょう。

ソフトウェア会社のWebマーケター

化粧品通販サイトやヘルスケア商品の販売促進のためのWebマーケターを募集しています。

アクセスログの分析から広告代理店との打合せまで幅広い業務をお任せします。

Webマーケターの経験は問いませんが、HTMLやCSSの知識があるとなお良いです。

こちらの求人は専門性の高いWebマーケティングが業務内容となっています。

そのため、HTMLやCSSの知識がある人が求められるのです。Webデザイナーやプログラマーなど関連する経験がある人におすすめの求人です。

 

ワンポイント
求人によって求めている人材やスキルが異なるため、自分に合った求人を探すことが重要です。

未経験でもWebマーケティングで活躍できる

女性

Webマーケターになるために経験は必須ではありません。

ネット化していく社会の中でWebを利用したマーケティングはこれから先も増えます。

そしてWebマーケターの需要も増えるのです。

未経験者を教育できる体制の整った企業も多くあるため未経験であってもWebマーケテイングで活躍することができます。

また、Webマーケターの仕事が幅広いことも未経験者が活躍しやすい理由となるでしょう。

 

Webマーケティングの事例はこちら

 

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

チーム

Webマーケティング未経験者を歓迎する求人が増えているからといって、必ず採用されるわけではありません。

採用担当者にどのように自分の魅力を伝えていくかが重要となってくるでしょう。

また、未経験業種への転職は悩みを抱えてしまいがちです。転職のプロである転職エージェントを利用しつつ転職に向けて行動してきましょう。

転職エージェントのみが持っている求人もあるためぜひ活用することによって転職の幅を広げていけるのがメリットです。

まとめ

コミュニケーション

Webマーケターは未経験であっても向上心ややる気を持った人であれば、自分の持っているスキルを活かして活躍することができます。

Webマーケターに向いているか迷うよりも、まずは行動していきましょう。

そして、不安なことや悩みがあれば転職のプロである転職エージェントを利用してみてください。

自分に合った転職活動をすることが転職を成功させることに繋がるでしょう。