Twitter広告はターゲティング設定が実績に大きく影響することから、いかに効果的に設定するかがポイントです。

Twitterは全世界で3億2,000万人、4,500万人のアクティブユーザーを抱えるSNSであり、広告媒体としても魅力的だといえます。

しかし、Twitterには固有の機能や文化が多く、これらを理解しておかないと効果的なターゲティングを行うことはできません。

この記事では、Twitter広告のターゲティング設定や優先して考えたい事項に加え、ターゲティング成功事例を紹介します。

Twitter広告でできること

twitter

Twitter広告のターゲティングを効果的に実践するには、Twitter広告そのものの概要を知っておくことが重要です。

実際にTwitterを利用していると、様々な種類のTwitter広告を目にします。

しかし、Twitter広告にはどういった強みがあるのか、またどういった種類の広告があるのかは意外と知られていません。

ここでは、Twitter広告におけるターゲティングを実施するにあたって知っておきたい、Twitter広告の概要を解説します。

Twitter広告の強み

Twitter広告の強みは、ユーザーの興味が高い分野に特化したターゲティングが非常にしやすいことだといえます。

ちなみに、Twitterの特性は次のとおりです。

  • 若年層から各年代の利用者が拡大している
  • ユーザーの興味の対象が明確である
  • 拡散により情報が拡大しやすい

かつてTwitterといえば「若年層のもの」といった傾向が強くありましたが、徐々に各年代に利用者が拡大しています。

また、フォロー・フォロワーを追いかけることで、ユーザーの興味を絞りやすいこともTwitterの特性です。

さらに、Twitterはユーザーが共有したいと感じるツイートはリツイートを行います。

リツイートが繰り返され「拡散」されることで、多くのユーザーに情報が共有されることはTwitterの大きな強みです。

Twitter広告の種類

Twitter広告は掲載されるスペース・内容によって3つの種類に分類されます。

  • プロモツイート
  • プロモアカウント
  • プロモトレンド

プロモツイートはタイムライン上に表示される広告であり、リツイート・いいね・返信などの操作が可能となります。

プロモアカウントはフォロワーを増やすことに、とても効果的なTwitter広告です。

ユーザーがフォローしたアカウントの中で興味を持ちそうなものを「検索結果」などに表示します。

プロモトレンドは今が旬の情報を拡散させたい場合に有効なTwitter広告です。

指定したキーワードにハッシュタグを表示させ、タイムラインや検索タブの「トレンド」欄に広告配信します。

 

ワンポイント
Twitter広告におけるターゲティングを有効に行うには、Twitter広告の強み・種類を正しく理解しましょう。

ターゲティング設定の3項目

ターゲティング

Twitter広告においてターゲティング設定を行うには、オーディエンスについて理解することが不可欠になります。

オーディエンスとはTwitter広告を見てくれるユーザーのことを指し、ターゲティングを行う対象です。

Twitter広告で実績を上げるには、オーディエンスの特性や条件にマッチしたターゲティング設定が重要となります。

そのためTwitter広告では「オーディエンス」「オーディエンスの特性」「オーディエンスの条件」が設定可能です。

なお、Twitter広告のターゲティング設定は管理画面から設定可能です。ここではその設定方法を解説します。

オーディエンスの設定

オーディエンス設定では以下の4種類から様々な組み合わせが選択できます。

  • テイラードオーディエンス(ウェブ)
  • モバイルオーディエンスターゲティング
  • テイラードオーディエンス(リスト)
  • 柔軟なオーディエンスのターゲティング

それぞれの特徴については後述しますが、テイラードオーディエンスとは、既につながりのあるアカウントのことを指します。

したがって、Webサイトへのアクセスやアプリインストール情報などを勘案してオーディエンスを設定することが重要です。

オーディエンスの特性の設定

Twitter,条件

オーディエンスの特性とは、年齢や性別などユーザーの属性のことを指し、具体的には以下の内容となります。

  • 性別
  • 年齢
  • 場所
  • 言語
  • 端末

年齢は13歳以上の年齢範囲を「13~19歳」「20~29歳」といった具合に設定することが可能です。

場所は国・地方・都道府県単位で、国は日本を含め20か国から選択することができます。

また、端末は端末のモデル・OS・携帯電話会社から選択することが可能です。

オーディエンスの設定では、これらの条件を組み合わせてターゲットとなるオーディエンスを絞り込みます。

オーディエンスの条件の設定

オーディエンスの条件とは、キーワードや動画の再生数といったオーディエンスを絞り込むための条件です。

条件の内容については後述しますが、細かくオーディエンスの条件を設定することで、効率的にTwitter 広告を配信できます。

したがって、オーディエンスの条件は裏付けをもって設定するとともに、定期的に見直すことが重要です。

 

ワンポイント
オーディエンスの3つの設定方法を理解して、効果的なターゲティングを行いましょう。

オーディエンスの設定の4種類

オーディエンス

オーディエンスには4つの種類があり、いくつかの組み合わせで設定することができます。

自社商品・サービスのターゲット層に対してTwitter広告を配信するには、それぞれの種類を理解しておくことが重要です。

ここでは、Twitter広告において重要なオーディエンスの設定の4種類について解説します。

テイラードオーディエンス(ウェブ)

テイラードオーディエンス(ウェブ)では、広告主のWebサイトに訪問したオーディエンスを絞り込みターゲティングします。

このときオーディエンス情報を収集するため、広告主は自社WebサイトにTwitterタグを設置することが必須です。

自社サイトを訪問したオーディエンスは、少なからず自社商品・サービスに興味を持っています。

したがって、テイラードオーディエンス(ウェブ)を設定することで、効率よく成約率をアップできるでしょう。

モバイルオーディエンスターゲティング

モバイルアプリ

モバイルオーディエンスターゲティングでは、モバイルアプリに関するアクションを行ったオーディエンスを絞り込みます。

このときオーディエンス情報を収集するため、モバイル測定パートナーによるコンバージョントラッキングの導入が必須です。

自社がリリースしているモバイルアプリのインストールや登録などを行っているオーディエンスは、濃い見込み客であるといえます。

したがって、モバイルオーディエンスターゲティングを設定することで、関連アプリの紹介などに利用できるでしょう。

テイラードオーディエンス(リスト)

テイラードオーディエンス(リスト)では、顧客情報をリスト化することでターゲティングを行います。

なお、データ化できる顧客情報は次のとおりです。

  • Twitterユーザー名もしくはTwitterユーザーID
  • メールアドレス
  • モバイル広告ID

なお、これらの情報をターゲティングに活用するには、暗号化(ハッシュ化)してアップロードすることが必須です。

自社アカウントをフォローしているユーザーなどをターゲティングする際、とても便利な設定方法だといえます。

柔軟なオーディエンスのターゲティング

ここまで紹介してきた3種類のオーディエンスは「OR条件」で自由に組み合わせることが可能です。

しかし、Twitter広告においてターゲティングを行う上では「AND条件」が必要となることも少なくありません。

このとき有効なのがAND条件を可能とする「柔軟なオーディエンスのターゲティング」です。

 

ワンポイント
オーディエンス設定の4種類の内容を理解し、有効なターゲティングを行いましょう。

オーディエンスの条件の種類

ターゲティング,条件

Twitter広告におけるターゲティングのポイントはオーディエンスに様々な条件をつけることです。

オーディエンスの条件の種類は非常に細かく設定可能であることから、絞り込んだターゲティングが可能です。

ここではマーケターが熟知しておきたい、オーディエンスの条件の種類について解説します。

会話

「会話」にはスポーツ・ライフスタイルなど25のカテゴリーと10,000種類以上の会話トピックが用意されています。

この中から自社商品・サービスもしくは目的に関連する会話トピックを選択するターゲティング条件です。

選択したトピックに関するツイート・エンゲージメント履歴のあるオーディエンスに対してTwitter広告が配信されます。

実際にツイート・エンゲージメント履歴のあるオーディエンスは、会話トピックに対して何らかの興味があることが通例です。

したがって、Twitter広告を配信することにより、オーディエンスから高い確率でレスポンスされることが期待できます。

イベント

「イベント」にはエンターテイメント・スポーツなど世界各国で開催される数百に及ぶイベントが用意されています。

この中から自社商品・サービスもしくは目的に関連するイベントを選択するターゲティング条件です。

選択したイベントに興味・関心を示しているオーディエンスに対してTwitter広告が配信されます。

Twitterのメリットは情報が瞬時に拡散されることであり、短期間で自社商品・サービスをアピールしたい場合に有効です。

キーワード

キーワード

「キーワード」は任意のキーワードもしくは絵文字を指定するターゲティング条件です。

キーワードもしくは絵文字について検索・ツイート・エンゲージメント履歴のあるオーディエンスにTwitter広告が配信されます。

キーワードは最低25個にしていることが推奨されており、いわゆる除外キーワードを設定することも可能です。

自社商品・サービスに関するキーワードは当然として、ニッチなキーワードを指定することで、濃いリードが獲得できます。

映画とTV番組

「映画とTV番組」は任意の映画・テレビ番組を指定するターゲティング条件です。

Twitter上のシグナルから指定した映画・TV番組を観たと推測されるオーディエンスに対してTwitter広告が配信されます。

自社商品・サービスと関係のある映画・TV番組だけでなく、関連性があれば話題性の高い映画・TV番組は狙い目です。

オーディエンスは興味や関心のある映画・TV番組には非常に敏感に反応する傾向が強いことから高いレスポンス率が期待できます。

フォロワーの類似オーディエンス

「フォロワーの類似オーディエンス」は指定したアカウントのフォロワーに類似したオーディエンスを指定するターゲティング条件です。

指定したフォロワーと似通った興味もしくは関心をもつユーザーに対してTwitter広告が配信されます。

ツイートやリツイートなどTwitter上の様々なシグナルから、疑似オーディエンスと判断されるのが基本的な仕組みです。

したがって、多くのオーディエンスを指定するには、1キャンペーン当たり30前後のオーディエンスを指定すると良いでしょう。

その他

上記以外の代表的な条件の種類には「フォロワー」「興味関心」があります。

「フォロワー」は文字どおり、自社アカウントをフォローしている、成約率が高いオーディエンスがターゲティング条件です。

「興味関心」にはスポーツ・社会など25のカテゴリーと300種類以上の興味関心トピックが用意されています。

この中から自社商品・サービスもしくは目的に関連する興味関心トピックを選択するターゲティング条件です。

選択したトピックに関するツイート・エンゲージメントなどのシグナルがあるオーディエンスに対してTwitter広告が配信されます。

いずれも高いレスポンス率が期待できますが、大切なのは配信するTwitter広告の内容であることを忘れてはなりません。

 

ワンポイント
オーディエンスの条件の種類を把握して、目的にマッチしたターゲティングを行いましょう。

優先して考えるべき設定事項は?

優先,考察

Twitter広告のターゲティングにおいて優先して考えるべき事項は「オーディエンス」です。

まずは、ターゲティングする対象を絞り込まなければ、さらにオーディエンスを絞り込むことはできません。

オーディエンスを絞り込んだら「オーディエンスの特性」「オーディエンスの条件」の順に設定すると良いでしょう。

大切なのは大きな枠組み(範囲)から徐々にオーディエンスを絞り込むことを心得ておきましょう。

 

Twitterマーケティングの事例はこちら

 

Twitter広告のターゲティング成功事例

成功事例

「アサヒビール」では2016年オリンピック開催時に「#みんなでカンパイ」を活用したイベントで成功を納めました。

オリンピックといったイベントを有効活用し、約10万人のフォロワー数・キャンペーン参加ツイート13.5万人を達成しています。

「株式会社トラベルオンライン」では、アプリのインストール推奨にTwitterのアプリインストール広告を活用しました。

動画・画像とツイートが一体となったTwitter広告でアプリのダウンロード率300%・アプリ経由の実績500%アップを達成しています。

 

Twitterマーケティングの事例はこちら

 

Twitter広告のターゲティングを有効活用するコツ

有効活用,コツ

Twitter広告のターゲティングを有効活用するには、日頃からTwitterに慣れ親しむことが大切です。

Twitterには独自の文化があり、流行しているネタや話題・ニュースなどにも特色があります。

Twitter広告のターゲティングにおいて、オーディエンスの特性を絞り込むにはTwitterで流行していることを把握することが不可欠です。

したがって、ターゲティングの時だけTwitterを研究するのではなく、日頃から慣れ親しむことがコツだといえます。

Twitter広告ターゲティングの注意点

PDCAサイクル

Twitter広告のターゲティングで注意すべきは効果測定、すなわちPDCAサイクルを疎かにしないことです。

Twitter広告において、オーディエンスを絞り込んだまま放置している事案も少なくありません。

しかし大切なのは、オーディエンスを絞り込むことではなく、期待する成果を確実に出すことです。

Twitter広告を成功させるポイントは、ターゲティングをPDCAサイクルで精査することだと心得ておきましょう。

Twitter広告のターゲティングはプロへの相談が有効

コンサルティング

Twitter広告のターゲティングは、Twitterマーケティングのプロであるデジマクラスへの相談が有効だといえます。

Twitter広告のターゲティングにおけるオーディエンスの設定では、様々な条件をもって絞り込むことが可能です。

しかし、経験が浅いマーケターだと的確に絞り込むことができず、成果が出るまでに時間を要することも少なくありません。

デジマクラスのコンサルティングではTwitterマーケティングのプロが有効なターゲティングをレクチャーしています。

 

Twitterマーケティングの事例はこちら

 

まとめ

マーケティング

Twitter広告で確実に成果を上げるには、適切なターゲティングを行うことが必要不可欠です。

Twitter広告のターゲティングは、オーディエンスを設定し、特性・条件の順に絞り込みます。

なお、オーディエンスの設定には様々な項目が設定可能であることから、それらをしっかりと把握することが大切です。

ただし、ターゲティングは設定すべき項目が多岐にわたり、様々な組み合わせが可能であるため、経験が浅いと簡単ではありません。

デジマクラスではTwitterマーケティングのプロがきめ細かなコンサルティングを実施しています。